日記

「日記」の有益情報をお届け!

50歳からネットで月収100万円稼いで独立起業する!

不況に強いアフィリエイトで稼ぐ

◆「100年に1度の不況」は本当か?

ブログで稼ぐ秘訣はこちらにあります!人気ブログランキングへ

最近の不況を言い表すのに、「100年に1度の」という形容詞がよく使われます。

これは、1929年にニューヨークの株価暴落に始まった世界恐慌と同じイメージでとらえられているからです。

100年に1度と言う表現は、前FRB(前米連邦準備理事会)が使ったのが始まりのようです。



今回の円高不況により、トヨタ、ソニー、日産などの日本最大手の自動車企業が次々と赤字決算となり、日本の景気後退は本格的なものになっています。

しかし、今回の不況の原因が、2007年8月にフランスの大手銀行で火がついて深刻化したサブプライム問題(金融商品の失敗)に端を発した金融危機のように言われれていますが、本当にそうなのでしょうか。

よく言われているように、サブプライム問題に関する日本の被害額は1〜2兆円であり、アメリカとくらべてかなり低いです。

それだけで株価が1990年以降で最安値の水準に落ち込み、GDP(国内総生産)の成長率が実質で12・7%ものマイナスになるとは考えられません。(昨年10〜12月期、年率換算)。


日本の不況は、既に2007年中頃からすでに始まっていました。その前年には、日銀の金融引き締め政策がとられています。政策金利を上げられたことの結果として、通貨供給量が減少し、翌年中頃から不況の兆しが現れていました。

この政策を推進したのは、現日銀総裁の白川方明氏(当時、理事)でした。

日銀がそれまでとってきた金融緩和路線を180度転換して、量的緩和の解除という引き締め政策を採用したのは1906年3月のことでした。

それも30兆円もの当座預金残高を6兆円近くにまで減らそうとしました。

続いて同年7月には5年以上も続けてきたゼロ金利を解除、さらに翌年2月にも短期金利を引き上げています。


わずか1年ほどの間に3回も金融を引き締めたわけです。当然、国内に出回るお金の量は急激に減り、景気が悪くなります。実際、その後しばらくして株価が下がり、景気動向指数が落ち込んでいます。

日銀が急激な利上げによって不況の原因をつくったのはこれが初めてではありません。

1989年から1990年にかけて日本が好景気に沸いた時に、わずか1年あまりの間に5回にわたって公定歩合を引き上げています。

それをきっかけに、それまで上がり続けた株価や地価などが下落基調に転じ、戦後最悪と言われた長期不況に突入しています。

いわゆる「バブル潰し」政策ですが、それと同じ轍をまた踏んでしまったというわけです。


さらに、マスコミのバブル叩きも激しいです。80年代後半にはリクルートがやり玉に上がり、1906年にはライブドア事件を機に、俗に「ヒルズ族」と呼ばれたIT系の若手社長らが叩かれています。

もちろん、悪質な手段による金儲けは許されないですが、正当な手段によって、リスクを負って投資をした結果として利益を得ることは悪いことではありません。

資本主義は自由競争の世界ですが、機会は均等に与えられています。勤勉に働いて創意工夫して利益をあげていくことは、資本主義の精神に基づき否定されるべきものではありません。


この資本主義の精神を、政策担当者や検察、マスコミがよってたかって攻撃したことが、今回の不況の根本原因であると言えます。


きを読む
posted by 起上小法師 at 23:47 | Comment(45) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆オバマ新大統領就任演説を聞いて

ブログで稼ぐ秘訣はこちらにあります!人気ブログランキングへ

先日、アメリカの新大統領オバマ氏の就任演説は、200万人以上の聴衆の前で行われ、衛星放送で世界中にTV放映されました。

2001.9.11の世界同時テロの後、アメリカでは70〜80%の高支持率で就任しただけに、人々の期待は熱気に包まれていたようでした。

世界中の人々がアメリカの新大統領の演説に耳を傾けていましたが、オバマ氏の演説はどことなく盛り上がりに欠け、言葉の修辞学に徹した演説のようにも見えました。

この演説の中には、アメリカの人々の期待とは裏腹に、次の2つの真実が隠されているように見えました。

きを読む
posted by 起上小法師 at 23:03 | Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆50歳以上の再就職について

ブログで稼ぐ秘訣はこちらにあります!人気ブログランキングへ

50歳〜59歳が、昨年の全転職者の中の占める割合は、12%と低いものになっています。

定年というゴールがある程度見えてきた状態から冒険で転職をするという事は考えにくい世代なので、ほぼリストラなどの事情で転職をしていると考えられます。

世界同時不況の中で、我が国もリストラの嵐が吹いています。

この世代は、一番再就職先を見つけるのが難しい世代です。前職の収入よりも、はるかに低い賃金で仕事を選ぶことすら難しい時代となっています。

この世代で、住宅ローンや子供の教育費に収入の大半をかけている家庭では大打撃です。

その一方で、子供の教育などが終わっていたり先が見える状態になっていて自営や起業等に踏み切る人もいます。



きを読む
posted by 起上小法師 at 23:02 | Comment(31) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己破産してから独立起業への道のり

私は、40代で不動産事業に失敗してからギャンブル依存症になり、借金がふくらんで、兄弟からも見放され、自己破産した経緯があります。

たまたま法律の知識があって、知人の弁護士にアドバイスしていただいたので、借入先7件648万円の総負債を、わずか2万3千円の費用で債務整理することができました。 

50歳で自己破産の免責確定してからは、現在の妻と知り合えて、子宝には恵まれませんが、本当に幸せな日々を送っています。

現在は講師の仕事をしながら、副業でアフィリエイトをやっています。

近い将来は、独立起業して人々のためになる仕事をやっていきたいと思っています。

債務整理したときの記録をこちらのブログにまとめましたので、もし借金地獄で困っている方がおられましたら、是非、参考にされてみてください。

お金をかけずに債務整理する方法

posted by 起上小法師 at 06:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性50代から子作りは無理か

今日は、仕事とは関係のない話ですが、これからの日本を思うと、どうしても記事にせずはいられなくなりました。

私は52歳、妻が42歳で二人とも初婚です。結婚して4年が経ちましたが、子宝に恵まれず諦めるかどうかの瀬戸際にきています。

婦人科の検査は受けて、妊娠可能な体なのですが、私自身が年齢のせいかEDぎみで精子にも若い頃のような活力がないため、ED治療薬はサプリメントなどを服用しています。

年齢的に限界なので、人工授精に踏み切るかどうかの決断に迫られています。

不妊治療の助成金というのがあって、1回15万円まで支給される制度があります。この制度も2016年で国から地方自治体に完全に運営が移行します。

これは、40代から人工授精や顕微受精で妊娠できたとしても、流産などの確率が高いことを理由に国庫からの支出を削減しようという意図があります。

少子化・高齢化の時代にあって、逆行するような政治をしているのが残念です。

もっと中高年が生き生きと仕事をし、未来を背負う子孫の繁栄を考えていくのが政治のあり方だと思います。

割り切れない思いに日々葛藤しならがらも、今後とも独立を目指し日々精進してまいります。

50代からの子作り 自然妊娠

posted by 起上小法師 at 03:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。