☆融資や助成金を得るための事業計画の書き方

「☆融資や助成金を得るための事業計画の書き方」の有益情報をお届け!

50歳からネットで月収100万円稼いで独立起業する!

不況に強いアフィリエイトで稼ぐ

☆融資や助成金を得るための事業計画の書き方

ブログで稼ぐ秘訣はこちらにあります!人気ブログランキングへ

融資や助成金を得るためには、出資者にあなたの事業が「お金を出す価値がある」と思わせるだけの魅力を感じてもらうなければなりません。

そのために、事業計画書というのが重要になります。経営理念を熱く語るだけでなく、事業目的、どの顧客層にどんな製品・サービスを提供するのかを明確に記述することが必要です。

実際に、事業計画書を書くにあたってのポイントを簡単にお伝えします。

1.どの年代の顧客層をターゲットとするかを具体的に明確に記述すること

例えば、「中高年の男性」ではなく、「50代で会社をやめて起業を目指す男性」というように、具体的にターゲットがイメージできるレベルまで絞り込むことが必要です。

2.ターゲットが決まったら、どのような製品、サービスを提供する事業なのかを明確にすること

顧客層の年代が特定できなくても、製品やサービスが1つもでよいですが、製品やサービスの内容が具体的なほうが融資や助成金を受けやすくなります。


3.収支シナリオは、最悪のパターンと提出用の2通りを考えておくこと

必ず、最初に最悪の収支シナリオを考えてから提出用の事業計画書を作成することです。事業が成長して好転すれば、収支が伸びていくことは当然ですが、最悪のシナリオを考えてから計画書を作成で説得力が出てくるからです。

場合によっては、市場調査のやり直し、顧客層、製品サービスまで見直す必要が出てきます。

予定顧客数、顧客層の平均収入、生活時間などの市場調査をもとに、できるだけ、具体的、詳細な戦略を複数立てた上で、「この戦略ならこの事業はいける!」と思われるもの2〜3つの案を作成します。

そのときに、表やグラフなどの資料を付記するようにします。

ここまでお話すると難しいと思われる方もいらっしゃると思いますが、事業計画書の記載例や作成方法について、インターネットなどでも無料で資料を手に入れることができますので、まずは、ご自分で勉強して計画を練っていけは、良い計画書ができあがっていくはずです。

これから、紹介するテキストは、国民生活金融公庫の創業計画書の作成について、計画書の記載例、動画、レポート、メルマガを無料で閲覧することができますので、是非、ご活用ください。


★国民生活金融公庫マニュアルテキスト★年間100社以上、総額20億円以上の融資・資金調達支援実践に基づく現場実践テキスト。10年のキャリアをあなたに伝授します。


人気ブログの秘訣はこちらにあります!
応援ポチッ♪していただけると、すごく元気がでます!


人気ブログランキングへ

電動式鼻毛カッター 世界初のドーム歯使用


KOINA 高級美容液たっぷりフェイスマスク


男性の体臭予防 爽快ジェルタイプ


【送料無料】本格派フットマッサージャー


快眠マイクロビーズ枕通販


【まつ毛美容液】カペリベラクイーンズアイラッシュ


The Face Wash 生石鹸


【送料無料】女性用ローズサプリ


有名薬用育毛シャンプー


DHC直販サプリ


posted by 起上小法師 at 00:00 | Comment(0) | 独立資本の融資先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。